渋谷の病院で処方してもらえるレビトラ

レビトラの主成分はバルデナフィル

勃起機能が低下して困っている男性はレビトラがおすすめレビトラの主成分はバルデナフィル

レビトラの主成分はバルデナフィルです。
バルデナフィルは、陰茎の勃起を止める酵素であるPDE5を阻害します。
そのため、PDE5阻害薬とも呼ばれています。
バルデナフィルは、国内外で臨床試験が行われていますが、7割から9割くらいの割合で有効とされています。
服用してから効果が出るまでの時間が短いのが特長で、長期間服用した場合でも、安定した効果が期待できます。
服用すれば勃起するという薬ではなく、勃起を補助する薬です。
ですから、性的な刺激を受けるなどして勃起する必要があります。
食事の影響を受けにくい薬ではありますが、まったく受けないわけではありません。
標準的な食事であれば影響を受けないとされていますが、標準的な食事の注意点として、総エネルギーにおける脂質の割合が30%以内となっています。
ですから、食べ過ぎた場合は、影響を受けることも考えられます。
また、標準的な食事を摂取した場合でも、空腹時に服用した方が吸収が良く、薬が効きやすいと言われています。
レビトラは、性行為の約1時間前に服用します。
服用してから1時間前後が、最も効果が期待できる時間帯です。
1時間が過ぎても、比較的長く効果が持続します。
服用は、1日1回までで、服用間隔は24時間以上あけることが大事です。
勃起が4時間以上続く場合は、すぐに医師の診察を受けた方が安心です。
レビトラを服用した場合、顔のほてりや頭痛、目の充血、動悸などの副作用が出ることがあります。
重い副作用はほとんどありませんが、一過性の視覚異常が現れることがあるので注意が必要です。
もし、視力が急に低下するようなことがあれば、薬の服用を中止して、すぐに病院へ行き、眼科専門医の診察を受けることが大切です。